縁むすびのご案内人

深山 沙衣子(みやま・さえこ、写真左)

 

日本ミャンマー支援機構(ミャンマー人の夫と共に創設)日本人アドバイザー。特定非営利活動法人リンク トゥ ミャンマー理事長。日本移民学会会員。ミャンマー人の夫を持つ。

 

1979年東京都生まれ。神奈川県育ち。立教大学文学部心理学科卒業。 横浜中華街に近い高校に通うことで、10代のころから、日本にいる外国人との共生について考えるようになる。20代から東南アジア各国を旅行し、東南アジアと日本をつなぐことに興味を持つ。

 

大学卒業後、マレーシア国営企業子会社の日本支社にてLNG(液化天然ガス)輸入貿易事務に携わる。

リクルートの広告代理店にて求人広告や新聞広告制作に従事したのち、出版社で雑誌の編集記者となる。2010年より本格的にフリーライター、ジャーナリスト活動を開始。

 

2011年、ミャンマー人の難民として日本に来た男性と結婚。自身の執筆活動を通じて、東南アジアで最も未知の国ミャンマーを表現すること、また日本における多文化共生や、多様な価値観の共存をテーマにする。

 

2012年、日本ミャンマー支援機構を起業。ミャンマー人の日本におけるトータルサポート(就職・留学・法的手続き・書類作成・仕事紹介・住居紹介・観光案内)、日本企業や日本の行政機関のミャンマー進出支援及びサービス提供を行う。現在までに、日本・ミャンマー・韓国・シンガポール企業などのサポートにおいて、300社の実績がある。

 

2016年4月下旬、「ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール~善人過ぎず、したたかに、そして誠実に~」(発行:合同フォレスト、発売:合同出版)を発表。

 

日本人とミャンマー人の結婚相談を受けること多数。

 

【ミャンマーに関する講演経歴】

2015年から2018年にかけて、「ミャンマー進出セミナー」、「ミャンマー人材活用セミナー」、「在日ミャンマー人の抱える問題と思い~定住支援の現場から~」など多数。

 

【使用可能言語】

 日本語、英語、少々のビルマ(ミャンマー)語

 

 

メディア出演履歴もご覧ください!

 


 

 TUN AUNG KHIN(トゥンアウンキン、写真右)

 

日本ミャンマー支援機構 代表取締役社長。

 

1970年ミャンマー、ラカイン州シットウエ生まれ。

ヤンゴン大学卒業(歴史学専攻)

 

1991年、大学生時代にミャンマー民主化活動を行い、軍事政権政府の弾圧を恐れて日本に亡命。日本では、祖国の民主化活動を行いながら、半蔵門ダイヤモンドホテルの客室清掃、居酒屋、蕎麦屋、中華料理店など様々な仕事を経験。

 

2000年代から個人で日本、ミャンマー間の貿易業を開始。2007年日本政府より難民認定を受ける。財団法人アジア福祉教育財団の日本語教育プログラム(6ヶ月間)修了。

 

2012年、日本人のライター深山沙衣子と結婚し、日本ミャンマー支援機構株式会社を設立。代表取締役社長に就任。

日本人の妻と子2人を持ち、日本とミャンマー両方に自宅と仕事の拠点を持ち、日本・ミャンマーを行き来する生活を送る。 

 

 

<通訳歴>

U-22サッカー日本代表VSミャンマー代表国際親善試合における招聘者向け通訳、ミャンマー中央銀行総裁来日時アテンド、在日本ミャンマー大使館での商談、JICA事業など多数。

 

 

これまで、日本ミャンマー支援機構を設立する前から現在まで、政治家(閣僚級)、官僚、ミャンマーの国民的俳優、スポーツ選手など、のべ500人近くのミャンマー人の来日アテンド、生活支援、法的サポート、進学相談、納税・健康保険手続きなど行政機関への申請サポートなどを行っている。

 

 

黒岩祐二神奈川県知事と、ミャンマー・テインセイン大統領との会談における、黒岩知事のスピーチ草稿アドバイスも行ったことがある。

 

【使用可能言語】

ビルマ語(ミャンマー語)

ラカイン語(ミャンマー少数民族の言語)

日本語

英語

少々のタイ語・中国語

 

 


 

 

深山沙衣子のミャンマーに関する書籍

「ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール」

 

ミャンマー人とのお付き合いを考える方は必読です!→



運営会社

会社名

日本ミャンマー支援機構 株式会社

(にほんミャンマーしえんきこう かぶしきがいしゃ)

 

横浜商工会議所 中小企業アジア展開支援アドバイザー

ミッション

 日本とミャンマーのビジネス活動を支援することで、

両国社会の健全な発展を追求します。

 

ミャンマー進出を目指す日本の方々と、

ミャンマーの方々に対して、

企業規模や出自に関係なく、

平等にビジネスチャンスをご提供できるよう尽力いたします。

 

また、当社の人材採用支援事業により、

少子高齢社会や地方空洞化の課題解決を目指します。

 

株式会社ですが会社名を「支援機構」としたのは、

当社のビジネスを通じて、日本のみならず、

特にミャンマーの社会発展と一般の人々の生活向上に

尽くすことを目的としているからです。

業務

日本とミャンマーをつなぐビジネスコンサルティング

ミャンマーにおける各種法的サポート

通訳派遣、ODA、JICA事業支援

有料職業紹介事業(14-ユ-301231)

ミャンマー・日本間の人材採用支援

ミャンマー記事執筆・出版業ほか

住所

〒236-0005 神奈川県横浜市金沢区並木1-17-13-206

アクセス

電車:京浜急行線「京急富岡」駅 徒歩13分

モノレール:金沢シーサイドライン「並木中央」駅 徒歩5分

 

車:横浜横須賀道路「並木IC」より5分

  首都高速湾岸線「幸浦IC」より5分

設立 2012年4月
資本金 5,000,001円
電話・FAX 045-567-5858
Eメール info@japan-myanmar.com
代表取締役 TUN AUNG KHIN(トゥンアウンキン)

会社アクセス 地図

#国際結婚 #外国人と結婚 #結婚ビザ #婚活 #国際恋愛 #外国人と恋愛